net Edit

中国 Edit

明治新政府の大きな課題は不平等条約の解消だった。不平等条約の経済的な損得は色々な評価が可能だろうが,不平等条約は,欧米列強による植民地化の危機への対抗という大きな物語(正義の物語)に位置づけられる。意外なことに,清国は割と早い時期に米国と「平等条約」を結んでいる。Burlingame Treaty(バーリンゲーム条約; 1868年にワシントンDCで署名)である。この歴史は,米中双方にとって,日本とは違う物語を作る余地を与える。実際には,個々の平等条約,不平等条約で何が平等で何が不平等かが異なるのだが,それは後世の大きな物語ではあまり重要ではない。しかも,バーリンゲーム条約の経緯はかなり風変わりであり,特別な物語を作る魅力に事欠かない。バーリンゲーム条約を結んだ中国の外交団を率いたのは,米国人のAnson Burlingame。もともと米国の駐清公使だった。清国政府(清朝)は何とも大胆なことに,米国の駐清公使を中国の全権代表として欧米に送り出したのだ。(任期終了後なので正確には「米国の駐清公使だった者」だが,実際には彼の帰任はそのまま中国の全権代表としての赴任になった。)代表団は3年弱かけて欧米を回り,バーリンゲーム自身は出発からほぼ2年後,任務の途上,ロシアで病没した。皇帝アレクサンドル3世に謁見したその日に倒れたという劇的な最後だった。Burlingame一行の外交的な成果は必ずしも大きくなかったという評価は可能だろうが,後世の物語をユニークなものとする貢献は計り知れない。

その他 Edit

「同性婚について、海外では2001年のオランダを皮切りに13年にフランス、14年に英国で合法化。今年6月には米連邦最高裁が全米で同性婚を合法とする判断を下すなど、幅広く法で認められるようになってきた。」2015/12/20 3:30日本経済新聞 電子版


添付ファイル: fileLotteDutyfree2014.png 100件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-22 (土) 14:16:14 (5h)