ラウンジ Edit

ラウンジで一番いいなと思うのは、荷物を置いていても盗られる心配が非常に小さいことだ。一人旅でラウンジがないとトイレに行くのも面倒。言い換えると、この安心感があるかがラウンジの評価軸であって、食事他は二次的。


空港では搭乗の最終案内で人名を呼び上げるアナウンスを偶に耳にする。でも不思議なことに日本国内のラウンジ内では人名をあげた呼び出しを耳にすることはあまりないように思う。では、航空会社は、ラウンジの中にいる(はずの)特定の乗客を呼び出す用件が生じた際、どうしているのだろうか。私の経験では、係員が直接、本人のところに来る。あたかも当然に「お客様」の顔を知っているかのように。おそらく、監視カメラで、入り口の手続時まで遡り、その後を映像でずっと追って、現在の居場所を特定しているのだと思う。成田のサクララウンジ内でパスポートを落としたときも係員が直接、私のところに届けに来たし、台北松山空港(JALのラウンジは当時なく航空会社の共用ラウンジ)で係員が私の元に来た時も何ら呼び出しはなかった。(ちなみに、松山の用件は、「預け荷物にリチウムイオン電池が入っているので本人に代わり取り出す。そのためスーツケースの暗証番号を教えて欲しい」、というものだった。リチウムイオン電池は、少し後、ラウンジ内で手渡された。)

ただ、ANAのSuiteラウンジの応対を見ていると、個別にどこにいるか覚えているような感じもする。ラウンジによって違うのかもしれない。

先日、デルタのシアトルのラウンジでは、館内放送で呼び出された。(^_^) 当方はPlatinum(JALやANAなら75,000FOP/PP相当の利用実績が必要)。2017年 3月

シャワー Edit

ラウンジのサービス(付加価値)で特にありがたいのはシャワー。意外と場所で差がある。

靴べらがあるところは非常に少ないようだ。運営している担当者は自分で実際に使ったことがあるのだろうか。羽田の到着ロビーにあるシャワー(正式名称は不明だが,いわゆるTIATシャワールーム)には靴べらがある。

  • キャセイパシフィック航空香港The Pier First Class Lounge: シャワーを使ったのは一度だけだが水圧は弱めで残念。温度も不安定。タオルは上質。バスタオルは大きかった。なお,シャワー室の話ではないが,化粧室(トイレ)には厚めでしっかりしたハンドタオルが山積みになっている。(使用済みは籠へ。)「ラグジャリー」な演出。
  • エバー航空桃園(台北)The INFINITY (自社ビジネスクラス向け): 十分な水圧。ビジネスクラス機内と同じスリッパ(でも靴べらはない)。残念なのはタオルが上質でなく,使い勝手に劣る。
  • ANA羽田Suiteラウンジ: スリッパは簡易型。確かに10分前後で捨てるものだから「もったいない」。十分だ。(しかも持ち帰りを勧めている。)ダイヤモンド専用でも「ラグジャリー」路線ではない。でも靴べらは欲しい。なお,oneworldと違い,他社の最上級会員でもSuiteラウンジには入れないはず。他社会員はANA他のファーストクラスの乗客に限られるはず。それでも堅実路線。

機内食 Edit

メニューは回収するのが多数派かも。私は集めていないので特に残念ではないが,中には装丁が凝っている会社もある。エバー航空は僅か1時間半のフライトでも長距離線と同じ体裁で出す。JALはソウル線では小さな紙片になるのに。ひどいのは中国国際航空。8回乗っていずれも配布後10分足らずで回収された。先日乗ったANAクアラルンプール発羽田行きのメニューはかなりくたびれていた。「もったいない」と「貧乏くささ」の違いを演出できていない。

  • エバー航空 台北発,香港線。食事と飲み物の2冊構成
    BRinflightmealmenu.jpg

回収組のメモ: タイ航空,エバー航空,ANA,中国国際航空

コールドミール Edit

米国の航空会社はコールドミールを出すのを忌避するようだ。でも実際は,謎のようなホットミールよりコールドミールの方が美味いことが多い。先日も2ヶ月で6回,デルタで太平洋を横断したが,1度だけ出たコールドミール(中間の食事として出た)が,6回の全ての機内食(6×3)で一番美味しかった。バーガーと丸ごとリンゴなどのランチバッグ。中間に出るのは不味いパイの類が多いが,それより原価も高そう。@7pb 2017年3月11日
DeltaSeattle香港coldmeal.jpg

日本人はcold mealとhot mealを対立的に考えないが,米国では全く違う。cold mealは貧困,hot mealは富裕(ないし生活の余裕),それぞれはっきり結びついている。小学校の給食でも,同じ食堂でクラスメイトと食べるのに,生活保護を受けている子供はcold meal,一般はhot meal,というように差別される学校が少なくない。JAL(エコノミー)は経営破綻後しばらくソウル線でcold mealを出していた。これは十分美味しかった(寿司弁当が多いが,サンドイッチのこともあった。ANAはhot meal。)。しかし機内食というものは,米国の価値観が世界の基準になるのだろう。JALは苦しい戦いだったはず(いまは米国並みの食事に戻った。フォークで切れないマフィン。)。

  • 羽田発金浦行き朝食
    2014年7月2017年4月
    JAL羽田金浦朝食2014Jul.JPGJAL羽田金浦朝食2017Apr.JPG
    蓋に中身がくっつかないよう内張がある
    JAL羽田金浦朝食2014Julb.JPG
    2017年3月ANA
    ANA羽田金浦朝食2017Mar.JPG
    • いま比べてみて、ANAとJALで随分差があることに気付いた。でもANAのこの食事は美味しくないので実質的に差はない。

シンガポール航空はクアラルンプール発シンガポール行き(1時間)でコールドミールを出した(ビジネス。2017年 3月)。マレーシア航空は同路線でホットミールを出すが,レンジで強烈に加熱するので干からびた感じになる。
SQタンドリーチキン.jpg

10年ほど前の話だが,NY発羽田行きアメリカンで出た寿司(エコノミー)は一部凍っていた上に乾燥してバリバリだった。密封が不十分だったようだ。

日本語のPerrier Edit

香港発クアラルンプール行きキャセイとか,香港発シアトル行きデルタとか,日本路線でもなく,日系でもないフライトで,機内サービス用に日本市場向けPerrierとかオレンジジュース,水などを積んでいるフライトを東南アジアではちょくちょく目にする。完全に日本語表記の商品。日本向け商品の方が安く仕入れることができるのかも。オレンジジュースについてはニーズが高いのかも。
CX日本語Perrier.jpg

  • キャセイの香港のラウンジの冷蔵庫に入っていたのも日本語のPerrierだった。2017年3月
  • United Airlinesの香港のラウンジの冷蔵庫に入っていたのも日本語のPerrierだった。2017年4月

Cathay Edit

  • 機内食メニューはかがり綴じ。香港→クアラルンプールの中距離。2017年 3月
    CXかがり綴じメニュー.jpg
  • ソウル線でMade in France。このハーゲンダッツは内蓋があった。非常に空けにくく結局手で空けることはできなかった。
    ハーゲンダッツFrance_Cathay.jpg

ANA Edit

welcome drinkをガラスではなく使い捨てプラスチックコップで出すのは離陸時の事故のリスクを少しでも減らすためだろう。(飛行機の事故の大半は離着陸時。)あと必要なのは、説明と演出だ。部分的に唐突に節約しているように感じられる。
anawelcomedrink.jpg

なお、私は離着陸時に靴を履いている。一番危険な時間帯であり、裸足で走るわけにはいかない。でも、ファーストクラスに乗ると、離陸前にまず靴を脱ぐことを勧められるので困る。

機内温度 Edit

多くの日本人の同意するところだと思うが,米系は寒すぎる。馬鹿げている。しかし米系でなくても客に白人が多ければ彼らに合わせる羽目になるのだろう。

エバー航空(台北発,香港行き)は特に寒くはなかった。2017年 3月

航路図 Edit

  • Delta航路図で京都が変.jpg
    機内エンタメの航路図で,京都が京になっていた。古地図を元にしたとも思えない。おそらく中途半端に日本語を理解できるガイジンが作ったのが原因だろう。「東京都」は「東京」だから,「京都」は「京」だと。デルタにて。FlightPath2D by BetriaInteractive。2017年 3月
  • 氷ノ山.jpg
    氷ノ山(ひょうのせん)は航空的に特別な意味(目印になっているなど)がある?ないそうだ。
  • 平良cathay.jpg
    なぜ石垣ではなく宮古島でもなく平良なのか。日本に興味のない外国人が地図を作るとこうなるのもしれない。Cathay航空A330-300にて。2017年4月

その他 Edit

  • おしぼり
    • ANAビジネスクラス: 搭乗後に配るおしぼりは香りなし(食事前だから)。食事後に配るのは香りあり。これは当然だ。でも,先月ANAファーストクラスに乗った際は最初から香りありが出てきたような。しかも意外と香りが強く,辟易した記憶があるが,覚書を残さなかったので不確か。
    • 台湾Eva Airはおしぼりを毎回受け皿に乗せて出すようだ。1時間のフライト(香港・台北線)でも3回。

Cathay Edit

2017年4月になってからか,個人モニターで航路図などを見ていると頻繁に他社広告が入るようになった。

ボーディングパス(紙) Edit

JALやANAのボーディングパス(紙)は通常,白無地だが,海外では背景デザイン入りのボーディングパスもある(Finnairの例)。多くの乗客(年に数回海外旅行をするだけ)にとって,ちょっとした綺麗な記念品になる。JALも真似してはどうだろう。同じoneworldなので共同調達したり,共同でデザインを考え互いに相手をプロモーションすることも考えられる。


添付ファイル: filePerrier成城石井.jpg [詳細] fileANA羽田金浦朝食2017Mar.JPG [詳細] fileJAL羽田金浦朝食2017Apr.JPG [詳細] fileJAL羽田金浦朝食2014Julb.JPG [詳細] fileJAL羽田金浦朝食2014Jul.JPG [詳細] fileハーゲンダッツFrance_Cathay.jpg [詳細] file平良cathay.jpg [詳細] fileanawelcomedrink.jpg [詳細] fileBRinflightmealmenu.jpg 2件 [詳細] fileSQタンドリーチキン.jpg 4件 [詳細] fileCX日本語Perrier.jpg 5件 [詳細] file氷ノ山.jpg 5件 [詳細] fileDelta航路図で京都が変.jpg 9件 [詳細] fileDeltaSeattle香港coldmeal.jpg 4件 [詳細] fileCXかがり綴じメニュー.jpg 5件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-24 (月) 12:55:59 (1d)