B787 vs. A350 Edit

「このあたりはボーイングの最新鋭機であるボーイング 787型機でも似た傾向があり、現世代の新造旅客機のトレンドとなっている。いつか両機を乗り継いで細かな違いを体感してみたいところだが、明確に感じられたのはA350の客室内の圧迫感の少なさで、この点にはA350に明らかなアドバンテージがあると思う。」新デザインの客室を導入したフィンエアーのA350-900機内をチェック トゥールーズからヘルシンキへのフェリーフライトを搭乗取材 - トラベル Watch(2015/10/10)

私は787には不満がある。炭素繊維の所為なのか機内でGPSが全く効かない。ゲートにいるときから。飛行中、どこを飛んでいるのか分からない。

電源 Edit

日米のAタイプのコンセントは飛行機では非常に緩みやすい。いつのまにか通電が止まっていることが非常によくある。私はSEタイプのアダプタを普段から持ち歩いている。これを介してAタイプを刺せば緩みにくくなる。ただ,ANA B772(後述)のようにSEタイプが刺さらない機材もある。

  • JAL787power.jpg

JAL Edit

787 Edit

肘掛けの外側に囲いが付いている。このため,肘をついていても通路を歩く人に触れることがない。これは意外と快適だ。囲いがないと客室乗務員に頻繁に触れる。彼ら/彼女らは作業をしているので触れないように移動するのは難しいようだ。
JAL787肘掛け.jpg

ANA Edit

トイレ Edit

どの機種まで該当するかは分からないが,少なくともB788のトイレには,「ティッシュ」と「紙タオル」という表示がない。海外の航空会社と違い日系は紙の質が高いので,ぱっと見てどちらがどちらか分かりにくい。ティッシュで顔を拭くと困ったことになる。ANA国内線のB788でも同様。ちなみに,タイ航空ビジネスクラス(短距離)では紙タオルではなく綿タオルだった。ANAやJALがビジネスクラスで配るおしぼりくらいの品質があるものを使い捨てにしている。
anaintlb788toilet.jpg

電源 Edit

B777-200 Edit

ビジネスクラスのコンセントは不可解(2016年8月現在)。まず,SEタイプが刺さらなかった。物理的に入らない。(ソウル線にて。韓国はSEタイプが一般的だと思う。)SEより少し細いCタイプは刺さった。

  • ANAB772power1.jpg

次に,Cタイプは実際には使えなかった。刺すとランプがオレンジになり通電が止まる。Aタイプは特に問題ない。ただ,Aタイプが抜けやすいのはこの飛行機でも同じ。

  • ANAB772power2.jpg

いずれにせよ古い内装だから更新が近いのかも。2016年 8月

B787 Edit

ビジネス Edit

  • ANA789ビジネスのトイレはティッシュが横置きの部屋と縦置きの部屋がある。縦置きは詰まりやすい。デザイン優先で鏡に埋め込んだようだ。

エコノミー Edit

中央が横4列(合計で横10列)の機材と3列(合計で9列)の機材がある。横10列は欧米の最近の流行で,マスコミの批判が強い。ANAの横10列は座席の仕様が古いようだ。中央は2列一組の座席を2つ並べており,肘掛けも非常に厚みがある。座面は余計に狭くなっているのでは?機会があれば測ってみたい。

  • 10列
    • ANA_B787_exitrow(bassinet)4列構成.jpg
  • 9列
    • ANA_B787201508exitrow2.jpg
    • 9列の方が肘掛けが薄い。通路が広くなっている?
      ANA_B787201508exitrow1.jpg
      窓側は窓がなく電源は真ん中席の下に2つ分ある。

  • B788の最前列12A
    ANAintlB78812A.jpg

ANAソウル線 Edit

機種名だけでなく全席数もないと機種を特定できない。763は16年2月頃から外れるようだ。

  • 788 (240席)の座席例。14から16が特等席(preferred)になっている。実際にどう違うのか不明。到着時に早く外に出られるという意味か。exit row (23)は普通扱い。
    • ANA787-800Seoul.png
  • 777-200 (223席)の座席例。24から27が特等席(preferred)になっている。黒いPは訳あり席。24A/Kは窓無し。
    • ANA777-200Seoul.png
  • 763 (214席)の座席例。黒いPは訳あり席。18A/Gなら窓無し。しかし22A/Gは窓はある。ただし非常口扉に付いている窓なので他と違う。しかし実際は大差なかった。よく,扉の窓はかなり小さかったりするが,763は大差ないようだ。
    • この機材のexit row (22)はいわゆるお見合いになっていない。CA席との間に隔壁がある。前は狭苦しくないが,bassinetに比べると狭い。
    • ANA767-300Seoul.png

777-200ER Edit

同じ777-200ER (座席数も同じ)でもシートマップの表現が違うことがある。

  • ソウル行き NH861
    • 20160416NH861.png
  • ソウル発 NH868
    • 20160416NH868.png
    • このフライトは列15から17,列18の左右(ACHK)は24時間前になっても選べなかった。

その他のキャリア Edit

Air China (台湾でない方)のA333-300のフルフラットは隔壁はなく,窓側は通路に出るのに隣の人を跨ぐ必要がある。しかし,全体に窮屈でなく,好印象。

Cathay Edit

キャセイパシフィック航空のB777-300ERのビジネスクラスの座席(フルフラット)はかなり快適だ。ファーストではないのですごく広いわけではないが,胡座で座れる横幅がある。フルフラット座席は単に細長いだけの寝床になりがちだが,そうではない。同じキャセイパシフィック航空でも,B747-400のフルフラット座席は,席が窓を背に配置されており不自然だし,単に細長いだけなので胡座で座る幅もない。2015年 7月26日

  • B777-300ERの座席部分
    • cathay773.jpg
  • B747-400のフルフラット(もうすぐ退役)は単に細長いだけ。
    • cathay744seats.jpg

Delta Edit

  • 国内線B757-200 (75S)の19Aから。非常口席で実際の搭乗口。ここから前方がビジネス。この席は勧めない。足元に冷風の吹き出し口があり非常に寒い。扉の出っ張りも邪魔。普通の席より通路に出やすいのは確かだが,足元は窮屈。
    Delta75Sexitrow.jpg
  • デルタA330-200エコノミー。通路側の肘掛けも上がる。他の機体でも上がるものが多いのではないか。
    DeltaA320aisle.JPG

Singapore Airlines Edit

  • A350-900の照明(LED)は色温度が低めだった。色が不自然に見える。2017年3月

EVA Air Edit

B747-400 Edit

2017/3に利用。台北から香港。

  • 前方ビジネスは2-2。
    br744c.jpg
  • 2階はエコノミー
    br744UpperY.jpg
  • br744UpperL.jpg

その他 Edit

機内照明 Edit

写真の色味がおかしくなることがある。窓を開けて取り直す。

  • 772照明.jpg
  • 772自然光.jpg

添付ファイル: fileanaintlb788toilet.jpg [詳細] fileANAintlB78812A.jpg [詳細] filebr744UpperL.jpg [詳細] filebr744UpperY.jpg [詳細] filebr744c.jpg [詳細] fileDeltaA320aisle.JPG 5件 [詳細] fileDelta75Sexitrow.jpg 5件 [詳細] fileJAL787肘掛け.jpg 4件 [詳細] fileJAL787power.jpg 30件 [詳細] fileANAB772power2.jpg 29件 [詳細] fileANAB772power1.jpg 23件 [詳細] filecathay744upper.jpg 22件 [詳細] filecathay773.jpg 30件 [詳細] file772自然光.jpg 26件 [詳細] file772照明.jpg 25件 [詳細] filecathay744seats.jpg 21件 [詳細] file20160416NH868.png 23件 [詳細] file20160416NH861.png 17件 [詳細] fileANA777-200Seoul.png 30件 [詳細] fileANA767-300Seoul.png 28件 [詳細] fileANA787-800Seoul.png 53件 [詳細] fileANA_B787201508exitrow1.jpg 37件 [詳細] fileANA_B787201508exitrow2.jpg 35件 [詳細] fileANA_B787_exitrow(bassinet)4列構成.jpg 43件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-30 (木) 10:33:37 (5h)