これは何? Edit

KVS Availability Toolは座席の空きを予約クラス毎に見たり,各社の特典航空券の空きなどを見るためのツールだ。無料ではない。料金ランクがあり,座席の空きを予約クラス毎に見るには一番高いランクが必要。(以下KVSツール。)

KVS Availability Tool: Global Flight Availability, Award Availability, Fares, Timetables, Seat Maps

sampleKVSclasssearch.jpgsampleKVSawardsearch.jpg

2つのツールで構成 Edit

KVSツールは,大きく分けて,①座席の空きを予約クラス毎に見る(F7 A7 C9 ...の類)ツールと,②特典航空券の空きを含む各種情報を見るツールの2つからなる。全体の内の一部が①で,残りが②という構成になっている。①には座席指定の状況(シートマップでどこが空いているかを見られる)も含まれる。(②でも見られるが,①の方が見やすい。)①と②で提供の形が違い,①はウェブページ,②はWindowsアプリケーションソフト,である。

①座席の空きを予約クラス毎に見るツール Edit

①はいまは「Mobile Companion」という名前のウェブページのみで提供されている。(かつては違った。)「Mobile Companion」と言ってもパソコンのブラウザが排除されているわけではない。実際,私は普段パソコンの普通のブラウザで使っている。おそらく利用しているDB(データベース)の契約条件に基づいて,パソコン不可の体裁を採っているのだろう。KVSツールはそれなりの金を払って商用DBに接続しているはずだ。只ということはあり得ないだろう。

  • かつては「J0 Y0 H0 G0」のように0の項,即ち残席0のクラスも表示されたが,現在は表示されない。例えばFがあるはずのフライトでFが出てこないときはFは売り切れたことを意味する。2017年 7月
  • 座席指定の状況の表示例は旅行/飛行機ページに幾つかある。
  • 座席1Aは航空会社のウェブで見ると空いていないのが普通だ。それが空席でblockされているのか,既に指定済なのかはKVSで見ると分かる。

②特典航空券の空きを含む各種情報を見るツール Edit

②は,航空会社のウェブ画面を自分でパチパチカチカチ叩く手間を自動化するツールであり,いまはWindowsアプリケーションソフトとしてのみ提供されている。例えばスターアライアンス特典の空きを見たければ,普通の人はANAやACなどのウェブであれこれ検索する。それを自動化するツールである。しかし単なる「それだけ」の代物ではない。ANAのページで自分で検索したのでは出てこない経由の旅程も広く拾ってくれる。つまり自分が入れた検索式を単純にANAに投げているのではない。このツールを使うことでツール制作者達のノウハウを買っているのだ。

普通、人はANAのサイトで特典航空券を検索するにはまずログインする必要がある。そうではない航空会社もあるが,たいていはログインする必要がある。KVSツールは,誰かのIDを使うのではなく,自分のIDを使う。だからまず自分が検索したい航空会社の自分のログインIDをツールに入力する必要がある。もちろん,これはツールの制作者を含む外部に漏れないことが前提だが,この点はツール制作者を信じるしかない。KVSツール用に2個目のIDを作るのも良いだろう(ただし自分の上級会員資格が反映しない空き状況になる。)。

②のみならず①を使ってるときも,たまにCAPTCHA認証画面が出る。

②のアプリは結構頻繁にアップデートされる。航空会社のウェブページの仕様変更に合わせるためである。金融のように公開APIができる余地もあるが,可能性は非常に低いだろう。

予約クラス毎の残席の検索 Edit

  • From/ToはいまはTYOもOKのようだ。以前は不可だった。NRTとHNDは区別される。
  • 複数の画面(ブラウザ)を同時に開き検索できる。複数の結果を見比べないと効率的な検索はできない。
  • 検索結果が多すぎると最初の方しか出てこない。遅い時刻の便がないのは不自然だと思ったら、きっと途中で切れている。Timeを使い表示件数を少なくするしかない。

  • KVSツールで見ることが出来る空席状況と,JALの日本法人のダイヤモンドデスク担当者が見ることが出来る空席状況は違うようだ。見ているDBが違うことになる。KVSではXクラスに空きがあるのに担当者の端末では見えなかった。担当者の端末を使わず,担当者がJAL本社に照会して初めてXクラスの空きを確定できた,ということがあった。台北発の航空券の事例だった。2015年 8月12日
  • KVSツールで見て「J0 Y0 H0 G0」なら特典航空券の席もない?否,そうとは限らない。そもそもKVSツールで見て「J0 Y0 H0 G0」でもJALの有償予約(特典ではない通常の予約)で見るとまだ残席(普通運賃,ビジネスきっぷ,両者のクラスJ)が十分あることもある。KVS Toolの見てるDBは万能ではない。2015年11月 8日
  • 石垣便は,ANAはNH,JALはNUで検索しないと出てこない。

  • 目下「Mobile Companion」で機材を知ることはできない(座席配置等から推測することはできるが。)。以前はこのツールで機材の情報なども見れた。接続先DBの仕様(か契約条件)が変わったのだろう。2017年 7月

  • JAL国内線の座席指定状況は2ヶ月2週間前の9:30にならないと見られない。

特典航空券の検索 Edit

どの航空会社に接続するかを画面上部「method」で選ぶ。それぞれの特徴はKVSツールのウェブや,エラー画面を見て覚える。

  • From/Toは都市を受け付ける場所と空港に限られる場所があるようだ。たいていのmethod (接続先=航空会社)はNRTとHNDを区別する。JALは区別しないので便利。

KVS Toolアプリは複数起動できる。複数の結果を見比べないと効率的な検索はできない。特にNRTとHNDを並行して検索することは欠かせない。

  • 検索は基本は日ごとだが,1週間分とか自動化することもできる。自動化するには必ずフィルターを設定する必要がある。
    • Multi-Day Availability Search
    • Filterを設定する。例えばA380のFSとCSを探すなら
      kvstool_A380FS.png
    • 注意: 「38」では380も388もヒットしない。
    • 注意: 機材の欄を空白のまま有効にしない。何もヒットしなくなる。
      kvstoolfilterAC.png

スターアライアンス Edit

スターアライアンス特典ならANAでこと足りる。ANA国内線はACを使う。なお,どの航空会社にも言えるが,自社の会員に公開している枠と,他社の会員の枠は違う。

  • ANAは今日から4日以上先でないとエラーになる。ANAのサイトで自分で検索していれば理由を直ぐ把握できるが,KVSのエラーメッセージからは何が悪いのか把握できないので注意。
  • 2ヶ月より先のANA国内線はACを使っても出てこない。どうしても空きを調べたいなら,国際線の一部の旅程として構成し,ANAのウェブで,「複数都市・クラス混在」の検索を使い検索すればよい。

oneworld Edit

oneworldは当然にBAが最強。JAL国際線に限定するならJALが強い。なお,どの航空会社にも言えるが,自社の会員に公開している枠と,他社の会員の枠は違う。

  • BAは羽田・伊丹のように便数が多いと上の方しか表示されない。これはBAサイト側の仕様なのでKVSで対処不能。JAL国内線の空きを調べるにはJALのウェブを併用するしかない。
  • BAで確認した空きをAAで予約(CXやJLは電話)しようとしても席がないことがあった。CXやJALがBAに開放している枠と,AAその他に開放している枠とが違うようだ。2015年

Skyteam Edit

Deltaのマイルを使う人が多いと思うが,method Deltaはあまり賢くない(2017年9月)。Air Franceの方がよく拾えるようだ。幸いDeltaは電話で特典航空券を注文しても(一部の欧州発を除き)手数料がかからない。以前は手数料がかかった。ウェブの検索エンジンの不出来を認めた上で改善するのを断念したのかもしれない。

雑記 Edit

利用料を払う際,居住国が日本だと消費税がかかるようになった。2016年11月12日


添付ファイル: filesampleKVSawardsearch.jpg 4件 [詳細] filesampleKVSclasssearch.jpg 4件 [詳細] filekvstool_A380FS.png 4件 [詳細] filekvstoolfilterAC.png 1件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-23 (水) 09:53:09 (57d)