東京の空はなぜいつも晴れていない Edit

飛行機で上昇中,東京の上空に黒い大気の層が見えることが多い。右に羽田空港。

  • 東京上空に黒い大気の層.jpg

宮古島上空でも黒い層はある。

  • 宮古島上空の霞.JPG

日本の一流大学は入りやすい Edit

米国と日本で,「名門大学」の合格者数は人口比でかなり異なる。米国では名門の範囲を広めにとっても18歳人口比で非常に限られたエリートだけが入学できるのに対し,日本では東大だけみても割と「入りやすい」。特に早稲田は,比率が非常に高く,米国人から見ればとても「選ばれた者」とは言いにくいと言えるだろう。

  • 米国
    18歳人口(ths)4,272
    大学名合格者数
    Harvard2,1100.05%
    Penn3,8300.09%
    Yale1,9400.05%
    Princeton2,1480.05%
    Cornell6,6860.16%
    Columbia2,3970.06%
    Brown2,8040.07%
    Dartmouth2,1650.05%
    Stanford2,3000.05%
    MIT1,6110.04%
    合計27,9910.66%
  • 日本
    18歳人口(ths)1,209
    大学名合格者数
    東大3,1080.26%2015.4
    京大2,9350.24%2014.4
    早稲田17,3701.44%2015.4
    慶応8,5580.71%2015.4
    合計31,9712.64%

米国の大学の合格者数は簡単に手に入るので,それに合わせて比較した。

技術 Edit

「トヨタ自動車の燃料電池車「ミライ」に搭載されている燃料電池の1キロワットあたりの機器単価は、大型の火力発電所の数分の1。」日本総合研究所創発戦略センター所長 井熊均(2016/3/13付日本経済新聞 朝刊)

街で見かけた詭弁 Edit

  • 「AとBは全く別のジャンルであり比べること自体が間違っている。」
  • 凡そ才能とは,比べていけないものを比べることにある。比べてよいものを比べるのは簡単だ。また,他人が勝手に比べるのを止めることもできない。比べるという営為には勝手に比べることが含意されている。
    • 応用例。仕分け「たった○時間で判断できるはずがない」。
  • 誰々は(e.g. 人民政府は)それをする権利がある。
  • 誰も,できるかできないかは問題にしていない。問題になっているのは,何をどれくらいするのが妥当か。

food Edit

  • 「四川人は辛さを恐れず、湖南人は辛くとも恐れず、貴州人は辛くないのを恐れる」 “Guizhou people like spiciness, Sichuan people don’t fear spiciness, and Hunan people fear there is no spiciness.”

コンビニエンスストアより多いもの Edit

  • 薬局・薬店。8万1692軒(14年3月末)。
  • 歯科医院。6万8701カ所(13年)。

  • コンビニは9月末時点で5万1363店。日本フランチャイズチェーン協会調べ。日経新聞2014年11月 4日朝刊

格差社会 Edit

ネットではPT3の転売屋に怨嗟の声が出ているが,仮に40代非正規雇用が多数を占めているなら,多少は同情も集まるのではないか。秋葉原で「最終入荷」のPT3は朝6時で売り切れ(開店は11時)だったそうだ。しかし昼過ぎに町田のドスパラに電話したらまだ在庫が2あった。早朝から並ぶのを厭わない人が多数いるのに,店に電話をかけるくらいのことすら思いつかない人の方がさらに多いとは驚きだ。2016年 3月21日

労働者 Edit

  • ITUC Global Rights Index 2014 - International Trade Union Confederation
    Central African Republic5+
    Libya5+
    Palestine5+
    Somalia5+
    South Sudan5+
    Sudan5+
    Syria5+
    Ukraine5+
    Algeria5
    Bangladesh5
    Belarus5
    Cambodia5
    China5
    Colombia5
    Cote d'ivoire5
    Egypt5
    Fiji5
    Greece5
    Guatemala5
    India5
    Laos5
    Malaysia5
    Nigeria5
    Philippines5
    Qatar5
    Republic of Korea5
    Saudi Arabia5
    Swaziland5
    Turkey5
    United Arab Emirates5
    Zambia5
    Zimbabwe5
    Argentina4
    Bahrain4
    Botswana4
    Democratic Republic of Congo4
    El Salvador4
    Haiti4
    Honduras4
    Hong Kong4
    Indonesia4
    Iran4
    Iraq4
    Jordan4
    Kenya4
    Kuwait4
    Lebanon4
    Mali4
    Mauritania4
    Mauritius4
    Mexico4
    Morocco4
    Myanmar4
    Nepal4
    Oman4
    Pakistan4
    Panama4
    Peru4
    Sierra Leone4
    Thailand4
    United States of America4
    Yemen4
    Australia3
    Bahamas3
    Benin3
    Bolivia3
    Brazil3
    Bulgaria3
    Burundi3
    Canada3
    Chad3
    Chile3
    Costa Rica3
    Djibouti3
    Ecuador3
    Ethiopia3
    Georgia3
    Ghana3
    Israel3
    Lesotho3
    Madagascar3
    Mozambique3
    Namibia3
    Paraguay3
    Poland3
    Portugal3
    Republic of Congo3
    Romania3
    Singapore3
    Sri Lanka3
    Taiwan3
    Tanzania3
    Uganda3
    United Kingdom3
    Venezuela3
    Albania2
    Angola2
    Belize2
    Bosnia and Herzegovina2
    Burkina Faso2
    Cameroon2
    Croatia2
    Czech Republic2
    Dominican Republic2
    Hungary2
    Ireland2
    Jamaica2
    Japan2
    Latvia2
    Macedonia2
    Malawi2
    Moldova2
    New Zealand2
    Russian Federation2
    Rwanda2
    Senegal2
    Serbia2
    Spain2
    Switzerland2
    Trinidad and Tobago2
    Tunisia2
    Barbados1
    Belgium1
    Denmark1
    Estonia1
    Finland1
    France1
    Germany1
    Iceland1
    Italy1
    Lithuania1
    Montenegro1
    Netherlands1
    Norway1
    Slovakia1
    South Africa1
    Sweden1
    Togo1
    Uruguay1

その他 Edit

  • JRの通勤電車のエアコンの室外機(ファン)は,なんであんなに大きな音がするんだろう。
  • 海自の岩国基地の正式名称は「海上自衛隊岩国航空基地航空基地隊契約」?

京町家 Edit

日経新聞に,京町家の再生に取り組む米国人建築家の記事が出ていた。(2010年11月 7日朝刊「京町家の美学 国籍超え 第96話 伝統の灯絶やさず(1) 」田村城記者。)米国人Geoffrey P. Moussas氏の活動は素晴らしいものだが,記者は結論を綺麗にしすぎると思う。疑問は記者へのメールに書いた。

「町家は約4万8千軒(2008~09年度調査)。再開発や老朽化で、中心部で5年前に比べ、約2%(約570軒)減った。」は事実として正確なのでしょうが,「最高級の素材が使われているのがひと目で分かった。壊すなんてもったいない」ような素晴らしい物件は半分もない,もしかしたら1割もないかもしれません。なぜならば,町家の大半は庶民の小さな家だからです。それらは当時,庶民用に「大量生産」されたものであり,現在の耐震基準も耐火基準も満たしていません(そういう「危険な」物件が住宅密集地に密集している)。そもそも風呂のない物件も少なくないはずです。(もしかしたら水洗便所すら少ないかも。)多くは路地裏にあり,建築基準法上,道路に面していないので再築ができません(つまり改修しようにも担保価値がないので住宅ローンが使えない)。歴史資料として街並みごと保存するなら別ですが,「2%も減った。これ以上減らすな」式に勇猛に保存を進めようとすることが,実際に現在そこに住んでいる人(たいていは老人世帯)の生活とウィン・ウィンになれるかは疑問です。

従って,町家の保存・有効活用を考える場合,取捨選択(個別に保存する。街並みを保存する。一帯の町家を全て取り壊して街並みごと再開発する。等)がポイントになってくるのだと思われます。かなりの数の町家を壊すことは避けられないと思います。現在ある町家は,それらが建てられた当時の需要に適合した物件として,作られたのであり,基本的には時代の移り変わりに合わせて(少々大胆な表現をすれば)「使い捨てられるもの」と考えられていたと推測されます。保存すべきは全てではなく,一部です。(人口密度が違う欧州の街並みと,京都の街並みを同列にはできないとも言えるかも。但し,専門外なのでそこまで言えるかは不明。)

従って,「2%も減った。これ以上減らすな」式の主張は弊害が大きいと思います。大幅に減るのは仕方ないのです。


添付ファイル: file宮古島上空の霞.JPG 68件 [詳細] file東京上空に黒い大気の層.jpg 89件 [詳細] fileJPinUS.gif 50件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-05-08 (日) 11:31:16 (501d)