Evernote Edit

NET/Evernoteに移動。

超絶オススメソフト Edit

ATOK Edit

メーカーに何か質問したくても,平日日中の電話のみなので非常に不便だ(ジャストシステムは随分前からこういうやり方。2014年 2月15日現在。)。電話サポートに利点があることは否定しないが,中上級者を遠ざける欠点も大きい。

ATOK2014 Edit

あとからオンに出来る Edit

ATOK 2014 for Windowsの新機能。日本語入力オフに気づかず入力した英字も、文字列の最後で「Ctrl + Backspaceキー」を押すと日本語に変換できる。例えば、「osewaninarimasu」と入力してしまった場合も、再入力ぜずに「お世話になります」と変換できる。

スタイルとキー割当 Edit

スタイル一覧に

  • ATOK 2014
  • ATOK 2014:↓次候補←→文節移動
  • ATOK Sync 同期用スタイル
  • ATOK Sync 同期用スタ(ATOK 2013)

など違いがよく分からないものがあり,ヘルプやウェブのFAQ・データベースには説明がない。特に,同期を使うには「ATOK Sync 同期用スタイル」を選ばないと何か何か支障があるのか,説明が欠けている。当座一番困るのはキー割当の違いなのでそれを見てみた。


  • ATOK Sync 同期用スタイル
  • ATOK Sync 同期用スタ(ATOK 2013)
    • 全く同じ。

  • ATOK Sync 同期用スタイル
  • ATOK 2014:↓次候補←→文節移動
    • これも近い。大きな違いは,2014では,変換中や次候補表示中に,Escで,「変換取消」(未変換に戻る)ではなく「全文字削除」(文字が完全に消える)となる。

これらから比較的違いが大きいのが「ATOK 2014」。

  • 「文節区切り収縮」や「文節区切り伸張」をShift+←/→ではなく,←/→で行う。逆に,文節移動がShift+←/→になっている。Shift+←/→と←/→とが入れ替わっている。
  • 部分確定は↓ではなく,Ctrl+Enter。↓は次候補を見るのに使える。
  • なお,Escの違いは「ATOK 2014:↓次候補←→文節移動」と同じ。

スタイルの名前だけを見ると,「ATOK 2014」で何か大きく変わって,その一部だけ後方互換性を持たせたのが「ATOK 2014:↓次候補←→文節移動」に見えるが,実際は「ATOK Sync 同期用スタイル」と「ATOK 2014:↓次候補←→文節移動」の差は大きくない。

ペースター Edit

ジャンル的にはクリップボード拡張。選択テキストの加工もできる。大文字小文字などはありがちだが,かなり凝ったことができる。例えば,・正規表現によるテキスト加工(多段も可能=パイプ),・選択テキストを外部Perlスクリプトに渡し加工して貼り付け(UTF-8渡しも可能),・選択テキストを計算式として計算,などが可能。

  • 文章に繰り返しがあり,リストに直せることが(人間には)明らかな場合に,リスト化(この例ではPukiWiki形式)。但し,デリミタがない場合は困難。このスクリプトは,選択文字の先頭文字をデリミタにしてリスト化する。
    繰り返しテキストをリスト化 | [@ s/(.)(.+?)[ ]+(.+?)(?=\1|$)/-$2\n--$3\n/g]
    
  • このままだとゴミが残ることもあるので(多段化)。
    繰り返しテキストをリスト化 |
    [|]
    	[@ s/(.)(.+?)[ ]+(.+?)(?=\1|$)/-$2\n--$3\n/g]
    	[@ s/ +\n/\n/g]
    	[@ s/(-+) +/$1/g]
    /E
    
  • 英文の整形。
    英文を整形 | [@ s/\b(.{50,70}) (?![., ])\b/$1\n/g]
  • TSVをPukiWikiの表組みに変える(外部スクリプト)。
    while (<>) {
    	s/([\d,]+) ([\t\n])/$1$2/g; # エクセルの数値セルをコピーすると余計な空白が付くので除去。
    	s/\t/|/g;
    	s/[\r\n]+//;
    	print "|$_|\n";
    }
    

日本語 Edit

SJIS外の文字も正常に処理できる。PU2で呼出せばUTF-8で渡せる。ただ,Perlスクリプト内でのエンコードには多少注意が必要。

まず,Perlで日本語を扱う基礎知識が必要。これはペースターの問題ではない。UTF-8で渡しても内部表現になっているわけではないので,デコードが必要だし,エンコードも必要。これは普通の日本語処理プログラミングと何ら変わりはない。

use utf8;
binmode STDIN, ":encoding(utf-8)";
binmode STDOUT, ":encoding(utf-8)";
これが簡便でよい。
use encoding "utf8";一部情報が欠落することがある。

Anki Edit

Quick Edit

カードにフィールドを追加する Edit

  1. 「ツール」
  2. 「ノートタイプを管理」
    1. まず,フィールド名を追加する
      • 対象を選び,「フィールド」コマンド
    2. 次に,カード上での表示を設定
      • 「カード」コマンド

PsExec Edit

古いノートPCをインターネットラジオ代わりにしている。だが,Windows Media Player(単体またはIEのインライン)は意外と頻繁に再生が止まってしまう。ところが,psexecで起動すると長持ちするようだ。ウィンドウが存在しない状態で動作する(まるでサービスのように)ので他から干渉を受けにくいのだろうか*1。もともとpsexecを試したのは,止まってしまったWMPを再開させるためだけにリモートデスクトップを使うのは面倒だったためだが,思わぬ成果。

例えば,

psexec \\ホスト名 -d "C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore" "www.bbc.co.uk/mediaselector/ondemand/worldservice/meta/tx/live_eneuk?bgc=990000&lang=en&nbram=1&nbwm=1&bbram=1&ms3=14&ms_javascript=true&bbcws=1&size=au&bbwm=1"

で,BBC World Newsを選曲できる(上記は一行)。

  • PsExecで遠隔操作するには,(1)先方が管理共有へのアクセスを許容しており,かつ(2)管理共有が先方のファイアウォールで遮断されていないことが条件になる。Windows Vista/7では初期値で(1)は拒絶されている。

ThinkPad USB Keyboard with TrackPoint Edit

製品標準のドライバー(最新はver 1.05 (2010/09/15))はかなりひどい出来だ。IE 8ではスクロールが速すぎるし,FF 3.6ではスクロールできない。FFは一応解決法は見つかったが,前者はどうしようもない。従前のように個別の設定もできない。幸い,AutoHotKeyと「TrackWheel 20090104版」で一応使えるものになる。しかも,TrackWheelはスクロールしない箇所をスクロールさせる設定を,簡単に作ることもできる。2010年 9月26日

  • Evernote 3.5でも確実にスクロールするのは便利。以前は,しないことがあった。[追記] 4.0になって,明示的に設定を追加しないとスクロールしないようになったようだ(Windows 7)。

カーソル移動キーのところにある「ブラウザ戻る」「進む」ボタンに意外な欠点。Google Chromeブラウザー(7.0.517.41,Windows 7)で使うと,フォーカスが設定ボタンに移ってしまう。フォーカスを外すにはEscを押したり,マウスで本文をクリックする必要がある。Chromeブラウザーはただでさえマウスがないと使用に支障を来す不便なソフトなのに,ますますマウスへの依存を高める。2010年10月24日

Google Chromeブラウザー7.0をWindows 7で使用している場合,上下スクロール中に右にもスクロールしてしまい,窓左方が見えなくなってしまうことがある。以下の設定を追加することで,上下スクロールと左右スクロールを分離できるようだ。

Chrome_WidgetWin_0,Chrome_RenderWidgetHostHWND,Scroll2,Scroll2
  • Lenovo - 55Y9003 -を追加購入。2010年12月21日。レノボ直販のキャンペーンで1台3,477円(送料込み)だったのでまとめ買い。気に入ったキーボードはまとめ買いしておかないと,気がついたときには入手できなくなっている。不要になればオークションで処分すればよい。

*1 そうだとすると止まってしまうのはネットの問題ではないことになる。

添付ファイル: fileATOK2014スタイル一覧.xlsx 225件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-12-01 (木) 10:48:20 (294d)